久々の読書

久々に本を読んだ。

一気に読破するのはとても気持ちいものだ。

次に読みたいのは決まっているが、いささか久しぶりに読んだせいで目が疲れてしまった。